2007年08月29日

留学保険とは

留学保険とは、海外旅行保険に比べて保険対象期間が長いのが特徴です。
当然、留学というある程度の期間になるため当たり前のことなのですが・・・

留学保険の内容は、一般の海外旅行保険ではカバーしきれない家主への賠償責任、住宅内の家財や身の回り品の盗難・破損、家族の死亡・危篤による一時帰国費用
などがあります。

海外への長期宿泊の際でも利用可能だったりするので海外旅行保険と留学保険を比較することを
おすすめします。
タグ:留学保険
posted by akke at 00:31| 海外留学保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学保険や海外旅行保険が必要な国

イタリア留学は、駐日イタリア大使館などにイタリア留学用のビザを取得にいく場合にイタリア語でかかれた海外旅行用の傷害保険加入証明書(付保証明書)が無いとビザの申請はおりません。

イタリア留学する時になって、イタリア語の付保証明書が無くて、ビザ取得が出来ずイタリア留学できない!ということが良くあります。

他の国も同様のことが言えます。
いざ、留学しようと思ったら海外旅行保険留学保険の加入が必要だったりします。
留学の前には必ず、海外旅行保険留学保険についても検討しましょう。
タグ:海外留学
posted by akke at 00:29| 海外留学保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外留学の準備

昨今、ますます国際化が進む社会情勢に加えて、情報化の波もとめどなく押し寄せてきています。そんな中で、海外との深い関わりや文化交流を求めて留学の人気が高まっています。 従来どおりの海外進学、短期間の語学留学、働きながら学ぶワーキングホリデー、海外での就業を体験するインターンシップ、さらには中学生や高校生向けのジュニア留学なども定着し、今や留学の選択肢は多種多様です。 海外への留学ともなれば、費用もそれなりにかかります。出発直前や現地に着いてから慌てることのないよう、抜かりのない手続きや準備が必要です。まずは、そのあたりの情報を集めることが肝心ですね。


さて、留学の具体的な準備についてお話しましょう。まず、できるだけ多くの情報収集をします。そして資料や必要書類を取り寄せ、渡航手続きへと進みますので、準備期間は少なくても半年は必要ですね。大学などへの正規留学の場合は、さらに1年以上の準備期間が必要となります。 国や地域によって差がありますので一概には言えませんが、学費と生活費、その他滞在に必要な諸経費を含めると、1年間程度の語学留学の場合でも、300万円以上は用意しなければならないようです。 現地での滞在形式については、ホームステイや学生寮などの利用がおすすめです。アパートなどでの一人暮らしに比べれば、自由さや気楽さは望めませんが、その分リアルな生活習慣や文化に触れる機会が多くなります。また滞在費も比較的安く抑えることができるのが、何よりもありがたいですね。

生活の中で海外と関わる機会はこれからも増え続けることでしょう。そういう時代に求められるのは、グローバルなコミュニケーション能力だと思います。留学によって見聞きした全ての経験が、きっとあなたの可能性を引き出してくれると信じています。 留学を単に語学習得の場と捉えるのは、大変もったいないことだと思います。今の時代に真に必要なのは、国境を越えたコミュニケーション能力と適応力です。海外留学はそれらを養うには最適なプログラムだと思います。 ほんの少しの勇気を持って一歩を踏み出せば、今後のあなたの人生は、きっと大きな変化を遂げることでしょう。高い志と常識ある責任感を持って、あなたの留学をぜひ成功させてください。
posted by akke at 00:28| 海外留学保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留学の形態

大学生の場合、「交換留学」と「私費留学」があり、交換留学は大学が提携している姉妹校へ留学し、私費留学は大学を休学して自分が選んだ大学へ留学します。交換留学は現在通っている大学に学籍をおきながら、現地の大学にも学籍を置くというパターンです。

「交換留学」にするか、「私費留学」にするか、選ぶのは自由です。どちらもメリット・デメリットがあるので、きちんと見極めて、自分に合った方を選びましょう。留学先の国、学費、旅費、生活費、どこの大学にするかなど、選択肢はたくさんあります。

「交換留学」のメリットをいくつか挙げてみましょう。まず留学をしても、日本の大学を4年で卒業できる可能性があることが挙げられます。あと、現地の大学には入学金を納める必要がないこともいいですね。また、現地の大学に入学するので、専門的な授業を受けられるところもメリットでしょう。

また「交換留学」のデメリットとして、留学地の候補が制限されることや、単位を取らなければならないので自由な時間が少ないことなどが挙げられます。その辺りのこともよく踏まえて、充実した留学生活となるように準備しましょう。
posted by akke at 00:25| 海外留学保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欲しい商品を探すならこちらからどうぞ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。